映画「コラテラル」の名言と鑑賞した感想おすすめ度

映画コラテラルのおすすめ名言

映画コラテラル

コラテラルは悪役トムクルーズが、クールな殺し屋として語る名言が聞く者を黙らせる!

映画コラテラルは、ロサンゼルスの一晩の出来事をスリリングに描いたサスペンス映画、出演はトムクルーズ、ジェイミーフォックス、2004年に公開されたアメリカ映画です。

コラテラルの監督はマイケル・マン、脚本はスチュアート・ビーティー。トムクルーズが悪役を演じたことでも話題になりました。

ストーリーは、客と思って殺し屋を乗せてしまったタクシードライバーの不運。ロサンゼルスの夜勤のタクシードライバーとヤバい乗客の葛藤が描かれています。

リアリティーを追求するマイケルマン監督らしく、登場人物にはそれぞれバックストーリーが用意され、人物像に深みがあります。

俳優の役作りもさることながら、コラテラルの登場人物には、人間らしさが溢れていて、映画にリアリティー感をだしています。

映画コラテラルからの名言は、ヴィンセントが語る聞く者を黙らせる鋭い名言がおすすめです。サウンドトラックはジェームズ・ニュートン・ハワードが担当しています。

映画コラテラルからおすすめの名言①

映画コラテラルのおすすめ名言①

しゃべらず、直接行動に出る。それが男だ

男だったら
あれこれ言う前にまず行動!

男女問わず、黙っていても行動力のある人っていますよね。そういう人に憧れます。

黙って行動するそれが男だ!カッコイイ名言ですが、殺し屋ヴィンセントが使うとまた違った意味に聞こえます。

映画コラテラルのあらすじ

映画コラテラルは、ロサンゼルスのタクシードライバーのマックスが、1人のビジネスマン風の男性客ヴィンセントを乗車させたことからはじまる物語です。実は、ヴィンセントは殺し屋で、一晩のあいだに数人の標的を殺してまわるのにタクシーを利用します。殺し屋ヴィンセントをトムクルーズ、タクシードライバーのマックスをジェイミーフォックスが演じるサスペンス映画

映画コラテラルからおすすめの名言②

映画コラテラルのおすすめ名言②

撃っただけ、銃弾が殺した

殺したのは弾だ、俺は殺してない

「撃っただけ、銃弾が殺した」は、マックスに「殺したのか?」と聞かれて、とっさにヴィンセントが答えたセリフです。

ヴィンセントに撃たれた相手が窓から転落して、こともあろうか自分が乗ってきたタクシーの上に落下したことで、マックスに素性がばれるシーンです。

直接、殺したのは銃弾で、俺は引き金をひいただけで殺してはいない!と真顔で言うヴィンセントに言葉を失うマックス。

映画コラテラルからおすすめの名言③

映画コラテラルのおすすめ名言①

大抵の人間は、
10年後も同じ仕事、
同じ暮らし、
その方が安全だから同じことの繰り返し、
だが10分後を誰が知ってる?

ほとんどの人は、安全で変化のない生活を長く続けているが、未来のことは誰にもわからない。

誰も10分後の未来さえわからない。それだったらやりたい事をして、思いっきり生きてもいいじゃないか。と聞こえますが、、、トランペッターのダニエルの未来を左右するのは、死神ヴィンセントなんですね。

「大抵の人間は、10年後も同じ仕事、同じ暮らし、その方が安全だから同じことの繰り返し、だが10分後を誰が知ってる?」は、ジャズの生演奏を聞かせるバーで、ヴィンセントがマックスに何気なく語りかけたセリフです。ただ、このセリフはマックスに当てはめるとピッタリなんですよね。

映画コラテラル名言データ

名言登場時間コラテラルの名言
約16分頃しゃべらず、直接行動に出る。
それが男だ
約19分頃撃っただけ、銃弾が殺した
約40分頃大抵の人間は、10年後も同じ仕事、同じ暮らし、
その方が安全だから同じことの繰り返し、
だが10分後を誰が知ってる?

映画コラテラルの主な登場人物

エンパイヤステートビル

名言に関係する主な登場人物をご紹介します。

ヴィンセント(トムクルーズ

フリーの殺し屋です。やり手ビジネスマン風のスーツに身を包み、白髪が印象的。

マックス(ジェイミー・フォックス)

人の良さそうな平凡なタクシードライバーです。将来の夢を持ちつつ、生活のためにタクシードライバーを続けています。

空港の男(ジェイソン・ステイサム)

ジェイソン・ステイサムは、空港でヴィンセントとぶつかり、かばんをすり替える男としてカメオ出演しています。この映画のステイサムの唯一のセリフは「ロスを楽しめ」!


映画コラテラルの名言まとめ

ヴィンセントは、プロ意識を持つ冷酷な殺し屋ということで、その言葉にも不思議と説得力がありますよね。以上、コラテラルからの名言でした。