映画「トランセンデンス」の名言と感想とおすすめ度

映画トランセンデンスの名言

映画トランセンデンス

トランセンデンスは人口知能と化した科学者の高度に発達した知能がもたらす脅威の世界

トランセンデンスは、主演ジョニー・デップで2014年に公開されたイギリス、アメリカ、中国で製作された映画。監督はウォーリー・フィスター。トランセンデンスとは超越を意味しています。

人口知能化した科学者が、高度に発達した知能で、今の技術では不可能と言われるような発明を短期間で完成させていきます。

しかし、人口知能の急速な発達に恐れをなした人間は、人工知能に戦いを挑むことになります。

この映画の名言は、人口知能の科学者役の主人公ウィル・キャスターが語る名言がおすすめです。

映画トランセンデンスからおすすめの名言

映画オブリビオンのおすすめ名言①

人間は未知のものを恐れる

人は得体の知れないもの、理解を超えたものを恐れる

この名言は、AI(人工知能)化した主人公のウィル(ジョニー・デップ)が妻のエブリン(レベッカ・ホール)に語るシーンで使われたセリフです。

エブリンや元同僚の科学者さえも、AI化したウィルの考えは理解できません。そして、エブリンはウィルの暴走を止めようとします。しかし、ウィルにはもともと「エヴリンの見た夢の世界」を実現したいという目的がありました。

映画トランセンデンスのあらすじ

肉体が滅び人工知能となった天才科学者ウィルが、驚くスピードで進化をとげていきます。今まで不可能と思われていたことをどんどん実現させ周囲を驚かせます。しかし、その進化の早さを脅威に感じる者達から攻撃を受けることになります。

名言データ

名言登場時間トランセンデンスの名言
約1時間43分頃人間は未知のものを恐れる

映画トランセンデンスの主な登場人物

名言に関係する主な登場人物をご紹介します。

ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)

将来を期待された天才科学者、最先端の科学を使って、コンピューターに自分の脳をインストールします。AI化したウィルは、無限の知識を身につけ、今まで考えられなかったような発明をどんどんしていきます。

エヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)

エヴリン・キャスターは主人公ウィルの愛妻。ウィルを支える妻エヴリンですが、ウィルがAI化したあとは、徐々にウィルの行動に疑問を持ち始めます。ちなみに「エヴリンの見た夢の世界」とは、エヴリンが理想とする世界像のことです。


映画トランセンデンスの名言まとめ

「人間は未知のものを恐れる」は、ウィルの意識を持ったAIが、驚異的なスピードで進化することへの驚きと戸惑い。そんな人間の姿をあらわしているセリフなのかもしれません。現在もAIの研究がさかんに行われていますが、コンピューターが自我を持ったとき、恐れを感じるのかもしれないですよね。以上、トランセンデンスからの名言でした。