映画「ゴッドファーザー」の名言と鑑賞した感想おすすめ度

映画ゴッドファーザー名言

映画ゴッドファーザー

ゴッドファーザーは名作として名高い作品

映画ゴッドファーザーは、監督フランシス・フォード・コッポラ、原作はマリオプーゾの小説「ゴッドファーザー」。ゴッドファーザーにはPART1、2、3の三作品があります。

主な出演者は、マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ロバート・デ・ニーロ他、マーロンブランドとロバートデニーロはそれぞれ、アカデミー賞の主演男優賞と助演男優賞を受賞しています。

ゴッドファーザーの特徴は、ギャングの抗争ものと一味違う、イタリアンマフィアの家族と人間模様が丁寧に描かれた作品です。

PART1(1972年公開)PART2(1974年公開)PART3(1990年公開)となっており、マイケルコルレオーネの生涯の物語になっています。

ゴッドファーザーのメインテーマ曲はとても有名でニーノロータが担当しました。ゴッドファーザーの名言ですが、数多くあって中には有名な名言もあるのでご紹介していきます。

映画ゴッドファーザーからおすすめの名言①

映画ゴッドファーザー名言①

バルジーニとの会談の話を持ってくる奴は裏切り者だ

仲間内の1人が、敵と和解するように話を持ってきたら、その仲間は実は裏切り者!

ビジネスの世界ではありそうな話なのかもしれませんが、敵と通じている裏切り者は、敵の手先となって味方を陥れる。

父親のヴィトーコルレオーネが、息子のマイケルコルレオーネにアドバイスしたときの名言です。

映画ゴッドファーザーのあらすじ

PART1

ニューヨーク5大ファミリーのドン、ヴィトーコルレオーネは、4人の子供、ソニー、フレド、マイケル、コニーを育てあげ、末娘のコニーの結婚式からこの物語ははじまります。

順風満帆に見えたファミリーの行く末でしたが、新しいビジネスの麻薬を扱う組織があらわれたことで、暗雲がたちこめてきます。

4人の子供のうち、マイケルコルレオーネだけは、父親のもとを離れ、軍に入隊し勲章をもらうほどの働きをしたいました。それなりに充実した生活をするマイケルでしたが、

父親のヴィトーコルレオーネが襲撃を受け負傷したことから、ファミリーのビジネスにかかわりを持つようになっていきます。

PART2

PART2の物語は、PART1後のマイケルコルレオーネのストーリーと、ヴィトーコルレオーネの幼少の頃からマフィアとして成り上がるまでのストーリーが交互に組み合わせって編成されています。

ファミリーを引き継いだマイケルコルレオーネは、ファミリーの本拠地をニューヨークからネバダ州に本拠を移します。

マイケルは、ニューヨーク5大ファミリーを襲撃したことによって得た強大な権力をつかって、さらなる飛躍を目指します。しかし、私生活でのマイケルは一人孤立していきます。

幼少の頃、単身イタリアのシチリア島からアメリカに移民してきたヴィトーコルレオーネは、新天地で新しい家族と平穏な日々を送っていましたが、町のボスのファヌッチのために職を追われてしまいます。

人柄の良い勤勉なヴィトーでしたが、友人に誘われるままに、悪事に手を染めていきます。そのうち、街のボスを名乗っているファヌッチと衝突することになります。

映画ゴッドファーザーからおすすめの名言②

映画ゴッドファーザー名言②

ファミリーに盾つく者の肩は持つな、決して

グループの一員なら、敵の味方をするな!

この名言は、コルレオーネファミリーの新しいドンになった、マイケル・コルレオーネが、敵におもねる実兄のフレド・コルレオーネ(ジョン・カザール)に苦言を言うシーンのセリフです。

フレドが、敵のモー・グリーン(アレックス・ロッコ)の手下のように振る舞うことに苛立つマイケル。

ラスベガスの大物モー・グリーン対して、毅然とした態度で挑むマイケルがドンの風格をもった名言です。

映画ゴッドファーザーからおすすめの名言③

この世の中で、唯一確かなことは、人は殺せる

この世に殺せないやつはいない

この頃のマイケルは、冷酷非情な鬼のような存在に成り果てています。このセリフは、そんなマイケルの姿を象徴するセリフです

この名言は、ファミリーに歯向かった者を容赦なく制裁するマイケルコルレオーネ(アルパチーノ)を、トム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)がたしなめようとしたときのマイケルの言葉です。

マイケルの冷酷さが伝わってくるセリフですが、マイケルは助言をくれたトムまで遠ざけようとします。

映画ゴッドファーザーからおすすめの名言④

映画ゴッドファーザー名言②

敵を憎むな判断が鈍る

敵(ライバル)には冷静な心持ちでいましょう。でないと正しい判断ができなくなる

敵(ライバル)の顔を思い出しただけで、感情的になってイライラすることってありませんか?イライラというより気分が沈む人もいるかもしれませんが、、、。この名言は、対人関係に悩んでいる人に、響く名言です。

この名言は、コルレオーネファミリーのドン、マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)が、敵を憎むんで怒りを爆発させる甥っ子のヴィンセント・マンシーニ(アンディ・ガルシア)に語りかけるセリフです。

冷静沈着なマイケルと違い、ヴィンセントは向こう意気が強く、喧嘩早い性格の持ち主で、マイケルはそのことをたしなめようとします。というのも、マイケルはヴィンセントを自分の跡継ぎと考えていたからです。

ヴィンセントがファミリーのドンとしてやって行くには、まず感情のコントロールが必要だとマイケルは感じていました。

名言データ

名言登場時間ゴッドファーザーの名言
PART1
約2時間30分頃
バルジーニとの会談の話を持ってくる奴は裏切り者だ
PART1
約2時間26分頃
ファミリーに盾つく者の肩は持つな、決して
PART2
約2時間58分頃
この世の中で、唯一確かなことは、人は殺せる
PART3
約56分頃
敵を憎むな判断が鈍る

映画ゴッドファーザーの主な登場人物

名言に関係する主な登場人物をご紹介します。

ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)

コルレオーネファミリーのドン、ヴィトー・コルレオーネは、イタリア移民として、単身シチリアのコルレオーネ村からアメリカに渡ってきました。その後、ニューヨークマフィアの5大ファミリーの一角を占める大ボスにまで登りつめます。

マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)

マイケルは、ファミリーのドンになってからというもの、非合法ビジネスの世界で冷酷で残忍と恐れられてきました。冷静にことをすすめ、その冷徹さで立ちはだかる敵を徹底的に排除してきたのでした。それゆえマイケルは、冷酷な人物に変貌してしまったのですが、コルレオーネファミリーは今やバチカンとも繋がりを持つまでになっていました。しかし、マイケルにはファミリーの跡目を継いでくれるものがいません。マイケルの一人息子もファミリーと関係を持つことを拒み、オペラの世界で生きていくことを選びます。そこでマイケルは、ファミリーのドンを甥っ子のヴィンセントに継がせようとします。

ヴィンセント・マンシーニ(アンディ・ガルシア)

ヴィンセント・マンシーニは、マイケル・コルレオーの実兄ソニー・コルレオーネの私生児です。ソニー・コルレオーネは、コルレオーネファミリーの跡継ぎとされていましたが、ゴッドファーザーPART1でギャングの抗争によって殺されてしまいます。ソニー・コルレオーネは、頭に血が上りやすく、喧嘩早いことでも有名でした。ヴィンセントもそんな父親の性格を受継いだものと思われます。


映画ゴッドファーザーの名言まとめ

映画ゴッドファーザーの名言は、マフィア映画らしく裏社会を生き抜いた男の名言といった感じですよね。このブログでも紹介させていただいた、PART3のマイケル・コルレオーネの名言は、ゴッドファーザーシリーズのなかでも代表的なおすすめの名言です。気になる人はゴッドファーザーPART3を是非御覧ください。それでは、映画ゴッドファーザーのおすすめの名言紹介でした